交際倶楽部恋路

出会い系→SNS→交際クラブ

出会い系サイトからSNSに場を変えた人たちは新たな出会いの場として「交際クラブ」に流れるようになってきました。

出会い系サイトやSNSの最大の欠点は「匿名性の高さ」です。

基本的にこれらのサービスでは匿名性が高く、しっかりとした身元が保証されていないので、どんな異性かはわかりません。

ですから、度重なるメールのやり取り等で相手の人となりと把握し、会ってみるかどうか?を決めることとなります。

出会い系サイト等では男性女性関わらず、年齢等のプロフィールを事実とは違う設定で登録が可能です。

出会い系サイトは「出会い系サイト規制法」で身分証明書の提出が義務付けられましたが、氏名や写真等は黒塗りで提出することも可能であり、事実上、「匿名性」は以前と同じ程度です。

フェイスブックの登場により実名登録のSNS利用者は増えましたが、「出会い」を目的にしている層の実名登録は少ない模様です。

男性はともかく、女性は男性の身元を非常に気にします。

そこで、ここ数年注目を浴びているのが「交際クラブ」業界です。

交際クラブは男性も女性もスタッフによる本人面談を行っており、かつ、免許証やパスポートを目視確認しています。

出会い系サイトやSNSの様に本名を偽ったり、年齢を開示しないでの活動はできません。

それでは、男女の会員が個人情報を全て掲載して活動するかというとそうではありません。

あくまでも、詳細な個人情報はクラブ側に提出するだけで、登録している男女の間には最低レベルの情報しか開示されません。
※情報開示のレベルはクラブの運営によって様々です。

つまり、自分の匿名性を担保しつつ、身元のハッキリした安心できる異性との出会いを期待できる。ということになります。

別の言い方をすると、会員の年齢や身元等のプロフィールをクラブ側が保証している。
とも言えます。
交際クラブとは、出会い系やSNSで成し得なかった身元のハッキリした男女同士の出会いの場、を実現しています。
この事に気づいた「出会い系サイト」を使用していた女性を中心とする層が大勢交際クラブ業界に流れつつあります。

六本木・西麻布交際クラブ

おすすめの交際クラブ情報

  • 交際クラブログ交際クラブログ